歯科ニュージャパン,顎関節症,矯正,インプラント,歯周病,ホワイトニング

歯周病(歯槽膿漏)
歯にとってこわいのは"虫歯"と思っている方が多いと思いますが、成人が歯を喪失する原因のおよそ半数は"歯周病"(いわゆる歯槽膿漏)からといわれています。当院では極力、抜歯せずにすむよう歯ぐきの健康回復にあらゆる努力をおしみません。歯周病は自分自身で気を付けていれば予防することが可能です。歯周病から歯を守ることは身体全体の健康にもつながっていくのです。

①歯周病とは

  • 歯ぐきがむずむずする、重がゆい
  • 口臭がある
  • 歯ぐきが腫れる、出血する
  • 歯がぐらつく
このような症状があったら歯周病が疑われます。歯周病は虫歯のような激しい痛みが出にくいので、気づいたときにはかなり重症になっている場合も多く、注意が必要です。歯周病は細菌による病気です。歯垢(歯に付着する汚れ)の中には莫大な数の細菌が存在し、その中の特定の細菌が歯ぐきの炎症を引き起こします。つまり、歯周病の治療あるいは予防とは、この細菌(歯垢や歯石)を除去することなのです。

②歯周病の予防

ブラッシングの徹底

当院では歯垢の除去に有効で、歯石がつきにくくなるようなブラッシング方法を、経験を積んだ歯科衛生士がご指導します。
  • 歯を1本1本縦にみがく縦みがき
  • 歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)に歯ブラシの毛先を入れるポケット内へのつっこみみがき
これらのみがき方は歯周病予防に非常に有効な方法です。又、このブラッシングに用いるブラシは一般に使われているブラシとは異なったもので、優れた特徴を持っています。

定期健診

定期的に歯ぐきの状態のチェックを受けることが歯周病の早期発見につながります。専門的な歯ぐきのチェックは歯周ポケットの深さを測り、歯垢歯石の染め出しなど、様々な観点からおこなっています。

定期的な歯垢除去

定期的な歯垢、歯石の除去と歯面の研摩は歯周病の予防に必要です。<当院ではプロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング(PMTC)を実施しています。>

③歯周病の治療

歯周病の治療は予防と同様に正しい方法で行う毎日のブラッシングが最も有効な方法となります。
しかし歯周病が進行してしまった場合には
  • 歯周ポケット深く入り込んだ歯石の除去
  • 歯周ポケット内の炎症組織を除去する小手術
などを行い、積極的に改善をはかります。

④歯周病のメインテナンス

治療が終了したあとは定期的にメインテナンスしていくことによって歯周病の再発を予防していくことが不可欠です。
その際には
  • 歯肉の検査
  • ブラッシング方法の確認
  • 歯石などの汚れの除去
などの処置を必要に応じて行い歯肉をより良い状態に保つようメインテナンスしていきます。
次の来院までの間隔はそれぞれ異なりますので、適切な指示された時期に来院し、検査などの処置を受けることが良好な予後につながります。